HOME > 設立趣旨

設立趣旨

設 立 趣 旨 

 

近年、発達障がいのある子どもや人々に対する支援は、保育、福祉、教育、医療、労働など様々な領域において取り組みのあり方が大きな課題になっています。一方で、発達障がいのある子どもを持つ家庭が、我が子の障がいに対する戸惑いや迷いそして周囲の理解不足などもあり、適切な支援サービスにつながりにくい地域実態の中で子育てをしています。私どもペアレントメンターかがわは、発達障がい及び障がいのある子どもを持つ保護者が、同じ立場の保護者を支え合う仕組みであるペアレントメンター活動を通じて、家庭の子育て上の孤立化を防ぎ、我が子が抱える障がいや発達凸凹を考慮した子育てができるように、子育て経験のある保護者から子育て経験の少ない保護者に対して、子育ての工夫、家庭の願いと思いを共有し合える支援環境を香川県下で普及・発展させることを目的に設立しました。本会のペアレントメンター活動の特徴は、香川県の地域実態を考慮して香川方式として発達障がいのみに限定せずに何らかの障がいのある子どもを持つ保護者を含むペアレントメンター活動として位置づけています。この理由は、国の障がい児者福祉制度、特別支援教育などの教育制度の発展を通じて、発達障がいや障がいのある子どもや人々に対する本人に対する支援環境は少しずつ充実してきた状況下にありますが、実際に子育てをする保護者や家庭に焦点をあてた支援は、残念ながら不十分なのが現状です。この根底には、保護者が抱く我が子の“障がい”に対する戸惑いと葛藤と類似して、支援者や地域社会の中にある“障がい”に対する戸惑いが結果的に狭い認識や誤った理解を含む対応となり、結果的に家庭が勇気を持って前向きに子育てする気持ちを失わさせてしまっている状況があると考えているからです。
私たちペアレントメンターかがわは、香川県下においてペアレントメンター活動の普及・発展を推進することで、家庭が地域社会から孤立することなく家庭が我が子としっかりと向き合い子育てできる状況を支え、発達障がいをはじめ障がいのある子どもの成長やその家庭の人生を支えていくことに寄与できると考えて設立することにいたしました。
 

平成25年12月7日
NPO法人ペアレントメンターかがわ
 
(設立趣旨書より)